スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会科ナゾ解明TV「ひみつのアラシちゃん!」

2008年04月10日 22:00



放送開始日:2008.4.10~5.29 22:00~23:00 ※初回は15分拡大

出演:

オセロ
ゲスト

チーフプロデューサー:吉田裕二
プロデューサー:平田さおり・杉村和彦
総合演出:大松雅和
演出:飯塚一志

製作:TBS
制作:TBSテレビ
制作協力:ジッピープロダクション

公式サイト:社会科ナゾ解明TV ひみつのアラシちゃん!

内容:
10代の若者に知っているようで知らないオトナの社会のヒミツとポイントを教える新しい教養バラエティー番組。「社会」「政治経済」「科学」「文化芸能」「いろいろ」の5ジャンルをテーマに、嵐のメンバーがわかりやすくプレゼンテーションする。

データ:
・2008.02.05 TBS木10改編発表
・2008.03.12 公式プレサイト公開
・2008.03.19 番組ポスター発表
・2008.04.01 制作発表/嵐と一緒にCMに出ませんか?キャンペーン告知
・2008.04.10 公式サイト公開

番宣:
・2008.02.09 TBS「チャンネル☆ロック」制作告知
・2008.04.05 TBS「王様のブランチ」番組告知
・2008.04.05 TBS「チャンネル☆ロック」相葉雅紀
・2008.04.09 TBS「オビラジR」二宮和也
・2008.04.10 TBS「みのもんたの朝ズバッ!」松本潤
・2008.04.10 TBS「花まるマーケット」花まるカフェ 櫻井翔
・2008.04.10 TBS「ピンポン」大野智
・2008.04.10 TBS「2時っチャオ!」相葉雅紀
・2008.04.10 TBS「イブニング・ファイブ」二宮和也

CM:
・ボディービルダーのひみつ篇(大野) 15sec
・東大生のひみつ篇(大野) 15sec
・ADのひみつ篇1・2(相葉) 15sec
・医者のひみつ篇(相葉) 15sec
・カメラマンのひみつ篇(二宮) 15sec
・女子アナウンサーのひみつ篇(櫻井) 15sec
・マジシャンのひみつ篇(松本) 15sec

短期連載:
・TVぴあ 「特報」 2008/3/12号-
 第1弾 番組タイトル決定
 第2弾 番組ポスター撮影
 第3弾 本人たちが語る「ひみつのアラシちゃん!」

備考:
嵐単独司会で、初のプライムタイム進出となるバラエティー番組。
10代後半から20代の視聴者にターゲットを絞り、社運をかけた番組となる。
身近にある常識の仕組みやからくり、社会や政治のキーワードをピックアップし、嵐のメンバー5人が学びながら、若者層へ伝えていく教養バラエティーとなる模様。
「嵐ドリル」というタイトルは現在のところ、2/5の広告会社説明会にて発表された仮タイトル。
その後、2/8公開のIR情報にて「ひみつのアラシちゃん」との仮タイトルが発表された。
2/20発売の週刊テレビジョンにて「ひみつのアラシちゃん!」との記載を確認。
2/25付Johnny's net更新「社会科ナゾ解明TV「ひみつのアラシちゃん」」。

番組ポスター:
ローリング・ストーンズが71年に発売したLP「スティッキー・フィンガーズ」のジャケットをモチーフとした、上半身・下半身に分かれたポスターで、3月20日から都内を中心に約200箇所に貼られる。
そのうち約20枚は、ズボンには本物のチャックとマジックテープのベルトが着いている仕掛けがあり、ファスナーを開けると、それぞれのひみつが書かれている。
赤坂サカス、KDDIデザイニングスタジオなどに掲示される予定。
特殊加工のポスターは制作費、1枚約4万円。
JRなどの要請もあり、特殊加工なしのひみつが全開になったバージョンのポスターもJR・地下鉄などに掲示される。
ちなみに、それぞれのひみつは、以下のとおり。
(ドラックで反転させてください)
【アラシのヒミツ】
相葉:実は携帯とテレビのリモコンを間違えて出掛けた回数4回
松本:実は普段もよくチャックが開いている
二宮:最近カバンがビニール袋
大野:実はノストラダムスの予言をいまだ恐れている
櫻井:実は自分でネクタイが結べない

嵐と一緒にCMに出ませんか?キャンペーン:
番組内での告知スポットの出演者を一般公募する。
詳しくは、こちらのエントリーまで。

08/6/5放送分より、スタジオセット・衣装がリニューアル。
それに伴い番組名が「ひみつのアラシちゃん」となるった。
スポンサーサイト
[社会科ナゾ解明TV「ひみつのアラシちゃん!」]の続きを読む

NEWS ZERO

2006年10月02日 22:54



放送:2006.10.02~

放送時間:
毎週月曜~木曜 22:54~23:58
毎週金曜 23:30~24:25

メインキャスター:村尾信尚

サブキャスター:
小林麻央(月曜~木曜:2006.10~)
大石恵(金曜:2006.10~2007.9)
八木依子(金曜:2007.10~)
鈴江奈々(2006.10~)

フィールドキャスター:七尾藍佳

曜日担当キャスター:
月曜:
櫻井翔(2006.10.02~)

火曜:
竹内薫(2006.10.03~2007.9.25)
板谷由夏(2007.10.02~)

水曜:
長嶋一茂(2006.10.4~)

木曜:
川原亜矢子(2006.10.5~2007.9.27)

金曜:
知花くらら(2006.10.6~2007.9.18)

スペシャルコメンテーター:星野仙一

スポーツコーナー:
鈴木崇司
北澤豪
中居正広(不定期)

ナレーター:
打上順子(月・水・金)
樹又ひろこ(火・木)
山崎優(月・水)
吉岡ふみお(火・木)
ふとがね金太(金曜)

放送内容:
・24H
・イチメン!(櫻井)
・ZEROカルチャー

公式サイト:NEWS ZERO

概要:
長年続いたニュース番組が終了し、新世代のニュース番組として始まった。
若い世代へのアピールとして、20代のキャスターが起用され、曜日キャスターとして、櫻井が抜擢された。
毎週月曜の生放送には、放送開始時から欠席することなく出演している。
月曜の担当曜日では、櫻井自らの発案であるニュースを判りやすく解説する「イチメン!」のコーナーを担当。
07年からは、海外や国会などへもロケに自ら出てのレポートも精力的に行っている。
「イチメン!」の内容は、放送終了後、公式サイトにて確認することができる。
コンサートなどがある日でも、コンサート終了後、会場から駆けつけている。
そのため月曜日に公演がある日は、大阪、東京、横浜各地での公演終了後間際、櫻井が「ZEROに行ってきまーす!」と叫び、ファンが「行ってらっしゃーい」と返すことが半ば恒例化している。
しかし、"公演後に仕事がある"という状況の公演では、明らかに公演内容に支障をきたすため、賛否両論ある。
2007年の総選挙開催時には、「ZERO×選挙」という特番を放送し、その第2部のメインキャスターを務めた。
このときも、コンサート終了後に出演し、翌日もコンサートが控えているという状況であった。
2007年11月からのW杯バレーでは、他局のキャスターを務めていたが、1試合だけ日程がNEWS ZEROの出演と被っていたため、その日は試合会場からのレポート及びキャスターを欠席し、ZEROに出演した。
[NEWS ZERO]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。